minatoflare144’s diary

アウトプットの練習

流れ論者とバランス論者

 いいことが起こったとき、その後さらにいいことが続くと考えるタイプの人と、そこで運を使ってしまったから以降しばらくはいいことは起こらないであろうと考えるタイプの人がいると思います。

 例えば、ガチャで欲しかった最高レアリティのものを引いたとき、その後さらに金を入れるか、やめておくか…といった具合です。

 僕の場合は、さらに引こうと考えるタイプですが、現実問題金との折り合いがつかず、引かないときが多いですね。ちなみに、無償石がたくさんあってさらに引いたときは、だいたいうまくいきません。

 引いた後に、「やっぱり運を使ってしまっていたのか」とか、「やっぱり流れがきていた」とか、よく言っている人がいます(僕もよく言います)が、それは結果を見たからいえることであり、引く前にそれを知ることはできません。

 一番よく見るものは「○○で運を使ってしまった」ですね。しかし、そもそも最高レアリティのものはだいたい1%~3%くらいであり、そんなに簡単に出るものではありません(ガルフレをやってるみなさん、ごめんなさい)。3%を10連で引き当てる確立は単純に考えて30%くらいであり、いくら流れが本当にあったとしても、3%を2連続で10連で引き当てる確立は、せいぜい9%くらいでしょう。流れがどうこう言える数字ではないのです。

 絶対零度を2連続で当てる確立って考えるといけそうな気がしますね。しかし、絶対零度は何も考えずにポンポン連打できます。連打しても、レートは落ちますが、お金は減りません。対してガチャは、石油王でもない限り連打できるものではありません。

 そんな試行回数が少ないものにおいて、流れがくるポイントなど滅多にありません。

 絶対零度は、簡単に100回打てます。100回打てば、その中で2連続、いや3連続くらいなら当たるときもあるでしょう。

 しかし、10連ガチャ(ここでは3000円とする)は100回連続で、など簡単にはできません。絶対零度は100回打ってもタダですが、10連ガチャを100回(計1000回)するのは、30万円かかります。初任給より高いこの値段を、出せる人など、よっぽどの金持ちくらいしかいません。この前デレステに「年500万円使ったけど、まだ愛車の半額までしか行っていないからセーフ」という発言を見ました。愛車は1000万円ということであり、愛車の相場は年収の50%であるということから、その人の年収は2000万円と考えられるでしょう。「出るまで引けば必ず出る」と言っている人たちは、日本でもごく一部の富裕層に限られると考えられます(ただし、給料のほぼ全てをガチャに突っ込む人を僕は人とみなしません)。なお、厚生労働省国税庁の統計によると、年収1000万円の人は、全体で5%程度とのことです。

 

 「流れ」という言葉を使うのを許されるのは、試行回数が多い人だけであり、僕のような「出たらラッキー、金は入れたくない」と言うような人に、「流れ」を語ることはできません。ノーリスクでやろうとしている人にリターンが返ってこないのは当然です。

 よって、金も入れずに出ないことに文句を言うのは、根本から間違っています。株を買っていないのに「配当こないんだけど」と文句を言うようなものです。

 

 主題の件ですが、最高レアリティを引いたときにさらに引こうとする「流れ論者」は富裕層ないし金に余裕のある人に多く、「バランス論者」は「無課金」とドヤ顔で言うような人に多いのでしょう。

 Twitterで流れ派かバランス派かアンケートをとりましたが、100%流れ派でした。しかし、母数が3票と少なすぎたため、ここでは考慮しないものとします。

 

 僕の場合は、無課金(サプチケ・スカチケは課金ではないとみなす)の癖に、「出た!流れある!」と言ってさらに引くので、当然失敗し、「やっぱり運を使い果たした」とよく言っています。はやく、ガチャにお金をそこそこ入れても余裕ができるような生活になりたいですね。そうなったときに課金をするかどうかはわかりませんけど。

 

最後に、流れ論者になるために給料の高くてワークライフバランスのとれる仕事をしたい。

 

おわり